ブログ・コラム
Pocket

実際に当店で取り扱っている山梨素材やお店のこだわりの素材を紹介したいと思います。

・山梨の桃 

images

山梨に住んでいる人は「桃は買わなくても時期になるといっぱい貰う」と言う人がほとんどです。

それくらいシーズンになると山梨に桃が溢れています。 そのどれもが高いクオリティで日照時間が長く昼夜の温度差が大きい山梨の気候が甘味が強い桃を作り出しているのです。

そんな桃をピューレ(=ミキサーでペーストにして裏漉しした後に加熱殺菌したもの)に加工し同じ山梨県産のワインを加えたジャムにしてマカロンにサンドしたり、ピューレそのものからケーキを作ったりと製品に仕上げています。

 

・山梨のぶどう

CIMG18962

ぶどうもまたシーズンになると親戚やご近所さんからたくさん頂くことが多い山梨特産品です。桃に比べて種類も多くその特徴も様々です。

当店ではワインでも広く使われている【マスカットベリーA】をピューレに、大粒で味のしっかりした【ピオーネ】をレーズンに加工してケーキやマカロンに応用しています。 同じマスカットベリーAから作られたワインと組み合わせてその個性を重ねたりもしています。

 

・山梨のルバーブ

rhabarb-1

それほどメジャーな素材ではありませんが洋菓子にはなくてはならない素材の1つです。見た目は写真のようにふきにそっくりなのですが独特の強い酸味に特徴があります。

山梨では北杜市などの比較的高冷地で作られており夏場になると道の駅などで見かけることがあります。 これらをジャムに加工しケーキの中に忍ばせるととても良い香りと酸味を出してくれるのです。

 

・山梨のラズベリー

7f3dab47

こちらも普段の生活では馴染みが薄いかもしれませんが洋菓子には無くてはならない素材の1つです。通称フランボワーズ。

山梨では北杜市や明野で生産されています。 お値段はフランス産の加工品に比べるとやや高いのですが業者と直接取引することにより酸味が強い段階、あるいは木で熟して甘味が強くなった状態で採集して欲しいなどのリクエストが出せるのが強みです。

ケーキへの応用はほとんどがピューレですがホールのままジャムにしてマカロンにサンドもしています。

 

・山梨のゆず

yuzu

山梨県の増穂地方で作られている特産品です。 レモンとは違う独特の酸味と香りが日本人の味覚によく合います。皮の部分を乾燥器でカリカリに乾燥させ、粉末にした自家製パウダーを生地に練りこんで風味を楽しみます。

ゆず果汁で作ったバタークリームとゆず皮を練りこんだマカロン生地を組み合わせた【ゆずマカロン】は当店の人気商品になりました。

 

・山梨のブルーベリー

obb-2

こちらも山梨県では割と高冷地で作られている特産品です。 品種もたくさん作られており自分の好みに合った味の品種を選べるのも地元の特産品ならではではないでしょうか。

ピューレ状に加工してジャムやペースト状にしたものをチーズ系のケーキと合わせると抜群の相性を発揮します。タルトにしても美味しく品種によっては様々なケーキに応用可能な汎用性の高いフルーツです。

 

・スペイン産アーモンド

c0220724_21412589

こちらは山梨県産ではないのですが当店の強いこだわりでもあるのでご紹介。

写真はどちらもアーモンドなのですが形が違います。アーモンドと言われてよく見かけるのが左の長細いタイプではないでしょうか。 これは主にカルフォルニアで生産されているものです。

写真右の丸くコロンとした形のアーモンドはスペイン産のマルコナ種というものです。油脂分が豊かで香りも抜群です。ついでに言うとお値段まで抜群(トホホ)。

当店ではマカロンに使われるアーモンドパウダーにも全てこのマルコナ種を使っています。味の土台が段違いに良くなり【Slow lifeのマカロン】の基盤を支えてくれる立役者です。

 

その他山梨県産のワインや地ビールなども菓子に応用しております。是非ご賞味下さい。

コメントは利用できません。